« 2009年6月 | トップページ

2009年8月

フェルミエ カベルネ・ソーヴィニヨン 2007

Image1116

ワイン名 フェルミエ カベルネ・ソーヴィニヨン
造り手/
シャトー
ホンダ ヴィンヤーズ アンド ワイナリー
http://fermier.jp
タイプ
アルコール度数 12.5%
ヴィンテージ 2007
AOC(生産地) 新潟産ぶどう100%
品種

カベルネ・ソーヴィニヨン75%、
カベルネ・フラン25%

購入 ホンダ ヴィンヤーズ アンド ワイナリー@新潟
値段 3000円くらい?(忘れた)
いつどこで? 2009/08/30 家で
ちぃポイント 8.0/10点
日本のカベルネもここまで!

【感想】
色はしっかりとした艶やかなガーネット。
ミント系の爽やかな香りがふわっと立ち、次にブルーベリーやブラックベリー、
ブラックカラント、あとグミのような少し野性味のある香りもする。
あとスミレ、インクや鉛筆の芯、墨といった黒紫を感じる香りに、すこーし
クリームのような香りも。香りの立ち方が上品でエレガントで期待感抱かせる。
口に含むと、香り同様、上品なフィネス感じるしなやかな液体、少し細身なれど
果実味とタンニンのバランスもよく、余韻も長い。
造りの丁寧さ・綺麗さを感じる、まるでマルゴーのワインみたい!

【マリアージュ】 なし

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

GWに新潟に帰った際に立ち寄ったカーヴ・ドッチの敷地内(隣?)にあったのが
コチラ。カーヴ・ドッチで6種類くらいテイスティングした後で、帰りしな、「トイレ借り
よう」とたまたま目に止まった建物に入ってみたら違うワイナリーだったとゆー(^^ゞ

せっかくだから、ってんでテイスティングしてみたらば、これがどれもが予想以上の
味わいで正直びっくり!
カーヴ・ドッチのワインも昔からいい意味で日本のワインっぽくなくて美味しいと
思っていたけど、ここはそれをより極めた感じ。
車がないとちょっと行きづらい場所ですが、新潟に行ったら是非♪

| | コメント (0)

北海道限定 道民還元 白・辛口

Image1099

ワイン名 北海道限定 道民還元 白・辛口
造り手/
シャトー
北海道ワイン
http://www.hokkaidowine.com/
タイプ
アルコール度数 10.5%
ヴィンテージ 不明、でも多分2008
AOC(生産地) 北海道産100%
品種

不明、
多分ナイヤガラやケルナー等々のブレンドかと

購入 茅ヶ崎サティ
値段 880円
いつどこで? 2009/08/16 家で
ちぃポイント 7.8/10点
日本人の食卓に合うワイン♪

【感想】
色はごく淡いレモン色。
マスカットの華やかで爽やかな香りが鮮烈。
あと洋ナシやシトラスなどの甘さ感じる香りの奥に少しの苦味、
温度が上がると乳酸飲料のようなやさしげな香りも。
この香りだと甘いのかな?と思わせつつ口に含むと、最初は香り同様の
爽やかな甘みのある果実味が来るものの、中~後半はスッキリとした芯のある
心地よい辛さと若干の苦味を伴った液体が喉の奥に流れていって、後味に
ハーブ系の苦味が残る。おぉ!確かに辛口!
日本の辛口白らしく、全体的に華奢で細身な印象なんだけど、マスカットの
華やかな香りがそれだけでは終わらない幅や奥行きをを持たせていて、
なかなかにイケます、これ。
温度が上がると味の輪郭がぼやけるので、キンキンに冷やして飲むのが○。

【マリアージュ】
オクラとエリンギ、豚バラのカレー炒め、しらす入り玉子焼き、
トマトとホタテのサラダ

すっきりとした味わいが食事と合わせやすいワインなので、どれともそれなりに。
中でもホタテは甘味が引き立つ感じでよかった。
裏ラベルには「刺身、フライ、天ぷら等と好相性」とあったけど、確かに白身魚の
お刺身やハモの湯引、天ぷらだとキスとか合うだろうなー♪
少し苦味もあるので、春の山菜の天ぷらなんかもグーかも。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

北海道限定の道民還元ワインですが、購入したのは茅ヶ崎のサティ。。。ハテ?
堂々と売られていたのはどーゆーことsign02 (笑)
道民のみなさま、道民還元のワインを神奈川で買ってごめんなさい、と心の中で
呟きながら買い物カゴに入れました(笑)

北海道ワインさんのワインとの出会いは、以前、東京駅のグランスタにある
カウンターバー「はせがわ酒店」で 赤のツヴァイゲルト・レーベ 木樽熟成を
飲んだのがきっかけ。
そのスパイシーかつなめらかな果実味に「まるでコート・ロティみたい!」と驚き、
3杯お代わりした上coldsweats01、ボトルを即買い。
家で飲んでみたらチャーミングなベリー系の果実味と主張するスパイシーな
味わいが良く出来た村名ボジョレーのようでもあり、そのデキのよさに改めて
驚いたのでしたhappy02

なのでコレもきっと美味しいはず!と思って購入したら、やっぱりグーgood
道民還元ワインは赤もあったので、今度は赤も買ってくるかなーwine
道民のみなさま、重ね重ね、ごめんなさい!(笑)

| | コメント (0)

Volnay Vieilles Vignes 2006

Image1100

ワイン名

ヴォルネイ ヴィエーニュ・ヴィーニュ
Volnay Vieilles Vignes

造り手/
シャトー
DOMAINE ROSSIGNOL-FEVRIER PERE&FILS
タイプ
アルコール度数 13%
ヴィンテージ 2006
AOC(生産地) ヴォルネィ  VOLNAY
(フランス/ブルゴーニュ)
品種 ピノ・ノワール
購入 ル・ヴァン・ヴィヴァン
http://www.rakuten.ne.jp/gold/lvv/
ブルゴーニュ福袋の中の1本
値段 6本で\15,750(税込)の内の1本
いつどこで? 2009/3/13 家で
ちぃポイント 8.3/10点
らしいヴォルネィ、個人的にはツボ

【感想】
やや濃い目のルビー。ピノにしては濃い目。ふちはピンク。
香りは、抜栓当初は赤味の牛生肉というか、鉄やステンレスの塊の匂いのような
固さ感じる香り、あとドングリや山菜のような野生のアクと素朴さを感じる香り。
時間が経つと少し粉っぽさ感じるバラの香りが立ってきた。
味わいは、なんていうかな。。。香り同様、野生の要素を感じさせ、全体的に
カクッカクッとした几帳面さや固さを感じる実直な味わい。
融通効かないかもしれないけど真面目でいい人なんです、みたいな(笑)
いかにもヴォルネイ!って感じがする。かなり、ツボだったりします (^^ゞ

【マリアージュ】
パルマ産生ハム、ホワイトアスパラの塩茹で、プチトマト、ピーマンのおひたし、
イタリアンカンパーニュ
-----------
どれともそこそこだけど、やっぱパン(イタリアンカンパーニュ)とが一番合うかな?
意外だったのが生ハム。実はこのワインの前にシャンパーニュ(マム)のハーフを
飲んでて、当然どっちにも合うでしょ!と思ってたんだけど、意外と塩味が濃くて、
どっちとも うぅ~ん??って。
どんなワインだとベストマッチなのかな?って逆に興味ソソられたかも。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

またまたしばらくぶりの更新ですcoldsweats02
前回の更新が6月8日だから、もう2ヶ月経ってますね、あはは。。。coldsweats01

あれから、7月に一旦勤務先が元に戻り、よーしpunchと思ったのもつかの間、
1週間と経たず別の場所に飛ばされcrying、現在は1.2h通勤@バス+JR+JR+徒歩
ってな感じに。
よって相変わらず、ワイン飲みこそすれUPまでは至らず。。。な日が続いてます。
コレだって飲んだの、半年近く前だしcoldsweats01
コメント残してたからなんとなく味わいは思い出せるけど、そーでなかったら
ラベル見ても???ですね、きっとbearing

でも、だからこそ、コメント残しているコトの大事さに改めて気づいたりもしてflair
この半年くらいの間も、飲むペースはほぼ以前と変わらずですが、ラベルだけ
写真に残していても、それだけじゃーよっぽど印象的だったヤツ以外は味なんて
覚えちゃいない。それじゃ、勿体無い!

もともと去年このブログを始めたきっかけが、その「勿体無いゴコロ」だったのを
改めて思い出し、やっぱ初心に返ってコメント残さなくちゃな、と思った次第です。

ま、無理のない範囲でボチボチと。。。やっていきますですwink

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ